「ネム(NEM)とは?」

「ネム(NEM)とは?」

NEM(ネム)はアルトコインの一種であり、その名称はNew Economy Movement(新たな経済運動)という意味で、その仕組みにはPoI (Proof-of-importance)と呼ばれる仕組みを採用しています。

 

「ネム(NEM)とは?」

NEMは多くの資金を保有する一部の採掘者に報酬が偏らないよう設計された初の暗号通貨です。
ビットコインでは採掘を「マイニング」と表現しますが、NEMでは「ハーベスティング」と表現します。
仕組みとして採用されているPOI(Proof-of-importance)は、NEMのネットワークに貢献した人が利益を得られるというものです。
保有している資産額に限らず、取引額、また取引を行なった相手にも依存し、NEMネットワークに積極的に参加する人間に報酬を与えています。
全ての人に平等に利益を得る機会を与えていることから、「富の再分配」と表現されています。

NEMはPoI (Proof-of-importance)という仕組みを使っています。
これによって(ビットコインやイーサリアムと違って)、NEMは電力をあまり消費せず、そしてよりセキュリティ上堅牢なものになっています。
マイニングにおいて(ビットコインやイーサリアムのマイニングと違って)、ネットワークの維持のための膨大な電力を必要としません。
シンプルで安価な、例えばラズベリーパイのようなコンピュータでも、NEMのノードとして実装することができます。
(ラズベリーパイとは、35ドル程度で販売されている小型コンピュータのこと。
電力をほとんど消費しない。)PoIの仕組みのおかげで、NEMを単に貯蓄するだけでなく、実際にNEM使うことも容易になります。

ネムの大きな特徴として言われているのは、Proof-of-importance(プルーフオブインポータンス)という仕組みで、通常の取引を承認する報酬について「平等」の考えに基づいていることです。

通常取引を際に取引を承認する「マイニング」は、より計算処理の高いコンピューターを持つものが有利で報酬を多く上げているのが現状であるが、この「プルーフオブインポータンス」は、その報酬をより分配するように工夫された仕組みになっています。

ネム(NEM)概要※ウィキペディア引用

NEMは2015年3月31日に開始され、Javaで書かれたP2P暗号通貨である 。
NEMは高度に分散化した形になることを目標にしており、重要度証明(POI)アルゴリズムでブロックチェイン技術の新機能を導入した。
NEMには、P2Pセキュアなマルチシグ(多重署名)アカウント、暗号化メッセージングシステム、Eigentrust ++評判システムが組み込まれている。
NEMのテクノロジーは、日本の金融機関や民間企業が試験しているプライベートブロックチェーンMijinで使用されている。

(歴史)

NEMはNxtに触発されUtopianFutureと呼ばれるBitcoin Talkフォーラムユーザーによって開始され、改善が望まれた。
2014年1月19日より、Bitcointalkフォーラムで参加を呼びかけた。
目標は、最初からコミュニティ指向の暗号通貨を作成することであった。

(開発)

NEMは2014年6月25日からオープンアルファテストを開始し、2014年10月20日より長時間にわたる包括的なベータテストを実施した。
NEM開発者の一部はペンネームを使用している。

(コード)

NEMは完全にJavaで書かれた新しいコードベースである。
POW(proof-of-work)の代わりにPOI(proof of importance:重要度の証明)アルゴリズムを使用する。
NEM(NEM Infrastructure Server)は、NCC(NEM Community Client)とは独立して動作するクライアントサーバモデルを使用する。
NEMクライアントはオープンソースでgithubで利用可能であるが 、NEMサーバーベースのコンポーネントであるNISはクローズドソースであり、デコンパイラでどのように動作するかが明らかにならないように、バイナリは難読化されている。

(ノード評価システム)

NEMは評判システムとしてEigentrust ++を採用した最初の暗号通貨である。
他の暗号通貨では、ブロックチェインの健全性を保証するためのproof-of-workなどのシステムを使用する場合があるが、NEMはネットワーク内のノードの過去の動作を監視することでこれを行う。
proof-of-workでは、ネットワークを保護する能力の尺度として、ノードの実施した計算作業の「量」が用いられる。
しかし、Eigentrust ++では、仕事の「質」が重要である。
これにより、NEMネットワークの効率的な運用と保守が可能となる。

(証明の重要性)

POIはNEMでタイムスタンプ取引に使用されるアルゴリズムである。
NEMユーザーの重要性は、所有しているコインの数とウォレットとの間の取引の数によって決まる。
POIは、NCDawareRank[9] ネットワークの中心性測定値、グラフのトポロジ、そして他の多くの関連する指標を考慮して情報量の多いトランザクショングラフを利用するように構築されている。
POIは、ネットワーク全体の形式を考慮しないモデルを使用する他の先例とは異なる。
例えばproof-of-stakeシステムでは、ブロックを形成するために大量のコインを必要とするだけである。
しかし、NEMでは、トランザクション量だけでなく、ネットワークのサポートも要因になる。
これは、NEMのユーザーが単にXEMを保持するのではなく、代わりにNEM経済圏ネットワーク内でトランザクションを積極的に実行するように設計されている。
※ウィキペディア引用
ウィキペディアNEM (暗号通貨)

更新日:

Copyright© ビットコイン資産運用 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.