暗号通貨とは?

「暗号通貨とは?」

暗号通貨(あんごうつうか)とは、暗号理論を用いて取引の安全性の確保、およびその新たな発行の統制をする仮想通貨である。




暗号通貨(あんごうつうか)とは、暗号理論を用いて取引の安全性の確保、およびその新たな発行の統制をする仮想通貨である。
暗号通貨は代替通貨のひとつであり、特にデジタル通貨のひとつでもある。
2009年にはビットコインが初めての分散化された暗号通貨として登場した。
それ以来、数多の暗号通貨が作られてきた。
それらの呼称には bitcoin alternative(ビットコインの代替)から来る造語の altcoins(オルトコイン)がよく用いられる。
暗号通貨の統制は分散化されていて、集中化されている電子マネーや集中化されている銀行システムとは対照的である。
この分散化された統制はビットコインの分散型台帳ブロックチェーンという取引データベースの使用に関係している。

(概要)
分散型暗号通貨はその暗号通貨システム全体から集合的に生成されるものである。
その生成の速さはそのシステムがいつ作られたか、およびそのシステムが公知のものであるかによって決まる。
連邦準備制度のような集中型銀行システムおよび経済システムにおける貨幣供給量の統制は、取締役会や政府によって、法定紙幣の製造または銀行のデジタル台帳上での増額要求によりなされる。
しかしながら、会社もしくは政府は暗号通貨を製造することはできない。
また会社や政府そのものが、分散型暗号通貨における資産価値を保有する他の会社、銀行もしくは企業体を援助したことは2016年2月現在までない。
分散型暗号通貨を支える基盤的技術システムを開発したのはサトシ・ナカモト (Satoshi Nakamoto) として知られる集団もしくは個人である。
2015年3月の時点で数百の仕様の暗号通貨が存在し、その大部分は最初に完全に実装された分散型暗号通貨であるビットコインと類似していて、かつビットコインからフォークしたものである。
暗号通貨システムにおける台帳の安全性、一貫性そして均衡は、採掘者と呼ばれる相互に信頼しない関係者からなる共同体によって維持される。
採掘者は自身のコンピューターを用いる一般大衆であり、採掘者によって取引の正当性が確認され、取引は特定のタイムスタンプスキームに則り台帳に追加される。
暗号通貨台帳のセキュリティは採掘者の大部分が金銭的動機から公正に台帳を維持しようとするという仮定にもとづいている。
大部分の暗号通貨はその発行量が徐々に減少するよう設計されていて、貴金属のように将来的に流通する通貨の総量には上限が設けられている。
金融機関が保有したり現金としてやりとりされる普通の通貨と比べると、暗号通貨は法執行機関に押収されにくい。
現存する暗号通貨はすべて擬似匿名であるが、Zerocoin とその分散ローンダリング機能などが示唆するように、純粋な匿名性も実現されうる。

(歴史)
1998年、Wei Dai が b-money という匿名分散電子金融システムの概要を発表した。
そのすぐあと、Nick Szabo が Bit Gold を作った。
Bit Gold は、ビットコインなどの追随する暗号通貨と同様に、使用者に proof of work という実績を解除することを要求した。
Proof of work は暗号の完全な答えが公開されることで解除される。
最初の分散型暗号通貨であるビットコインは2009年に偽名のソフトウェア開発者サトシ・ナカモトによって開発された。
ビットコインは暗号学的ハッシュ関数SHA-256をその proof-of-work スキームに用いた。
2011年4月には Namecoin がネット検閲を非常に困難にするだろう分散化DNSの形成を目的として開発された。
それからまもない2011年10月には、ライトコインが公開された。
ライトコインはハッシュ関数として SHA-256 の代わりに scrypt を用いた暗号通貨としては初めての成功を収めた。
その他の特筆すべき暗号通貨として、 Peercoin は proof-of-work と proof-of-stake とを併用して成功した初の暗号通貨であった。
その他にも多くの暗号通貨が開発されてきたものの成功を収めたものはごくわずかである。
なぜならばそれらが技術革新においてもたらすものがほとんどなかったからであった。
2014年8月6日、イギリスは同国大蔵省に暗号通貨と、もしあるならばイギリス経済において暗号通貨が果たしうる役割の調査研究を委嘱したことを発表した。
同省による調査は規制を検討すべきか否かについても報告することとされた。
2014年以降、Monero、イーサリアム、および Nxt といったいわゆる 第2世代暗号通貨が登場した。
それらは不可視アドレス、スマートコントラクト、サイドチェーンもしくはサイドアセットといった高度な機能を備えている。

(評価)
中央銀行の代表的人物たちは、ビットコインなどの暗号通貨の採用は経済全体に対する信用価値への中央銀行の影響力に深刻な課題をもたらすことになるとしていて、また、暗号通貨を用いた取引が普及するにつれて法定紙幣に対する消費者の信頼が確実に損なわれるとも述べている。
中央銀行上級役員 Gareth Murphy は「(暗号通貨が)広く用いられれば、政府が経済の舵取りをするために用いる経済活動のデータを統計局が集めることに支障をきたすことにもなるだろう」と述べている。
彼は金融および為替レート政策の重要な機能に対する中央銀行の統制に仮想通貨は新たな課題を投げかけると警告した。
ビットコインATM Robocoin の創始者 Jordan Kelley は2014年2月20日にアメリカ合衆国初のビットコイン ATM を開始した。
テキサス州オースティンにあるその端末は、見かけは銀行 ATM と同様だが運転免許証や旅券などの政府発行身分証明書をスキャナーで読み取って利用者の個人認証を行うようになっている。

(法的側面)
暗号通貨の法的地位は国によって大きく異なり、多くの国では未定義であるか変遷の過程にある。
明示的に暗号通貨の使用と取引を許している国々もあるものの、暗号通貨を禁止したり制限したりする国々もある。
同様に諸々の政府機関、省庁、および裁判所によってビットコインの分類は様々である。
中国人民銀行は2014年前半という極めて早い段階で中国国内の金融機関によるビットコインの取り扱いを禁止した。
ロシアでは暗号通貨そのものは合法であるが、ロシア国内においてロシアルーブル以外の通貨を用いて商品を購入することがそもそも違法である[30]。
2014年3月25日、アメリカ合衆国内国歳入庁 (Internal Revenue Service, IRS) はビットコインを通貨としてではなく税制上の資産として扱うことを決定した。
これはビットコインが米国においては譲渡所得税の課税対象となることを意味する。この決定の恩恵としては、これによりビットコインの法的地位が明確になることが挙げられる。
これ以後投資家はビットコインへの投資やビットコインから得られた利益が違法であるか、またそれらをどのようにして IRS へ申告すべきかについて悩まずに済むようになった。
ビットコインは伝統的な通貨よりも貴金属市場に近い特徴を備えていることから、IRS の決定はその理由付けは別としてもビットコインの性質にふさわしいものである。
暗号通貨に関わる法的問題は政府とのあいだに起こるものばかりではない。
例えば Coinye はそのロゴにラッパーカニエ・ウェストを無許可で使用したオルトコインである。
Coinye は元々 Coinye West という名称であったので、カニエ・ウェストの代理人が Coinye のEメール管理者 David P. McEnery Jr. に対して停止命令を送付した。
同停止命令は、Coinye が意図的な商標の侵害であること、不正な競合であること、サイバー海賊行為であること、および商標希釈化であることを述べ、外観の類似およびカニエ・ウェストの名称の使用を停止するよう命じた。

※ウィキペディア引用
ウィキペディア(暗号通貨)




投稿日:

Copyright© ビットコイン資産運用 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.