bitclub

ビットクラブ日記

投稿日:


にほんブログ村


ビットコインランキング




こんにちは。
ビットコイン投資家です。
ビットクラブの投資状況をブログで公開していこうと思います。
まだ詐欺と言われるのも不思議ですが・・・
詐欺ではないのでそのまま掲載しますね。
ありのままを。
まあ投資はするもしないも自由。
したい人だけすればいいさ~。
よかったら毎日見てもらえると嬉しいです。

「投資で知っておきたい事」
少しだけ投資で知っておきたい事を共有しておきます。
それは「プロスペクト理論」
これはすごく投資する人はよくありがちな事だと思います。
しかしこれを知っていればその場面に直面した時に思い出せるでしょう。

☆プロスペクト理論の説明をしておきます☆
※この情報はウィキペディアに書いてある情報と同じですのでウィキペディアで検索すると細かくわかりますよ。

プロスペクト理論の元となった実験は、カーネマンが「一つだけの質問による心理学(psycology of single questions)」と呼ぶ手法による。この手法は、心理学者のウォルター・ミシェル(英語版)が用いた方法を参考にしたものである。

例えば、以下の二つの質問について考えてみよう。
質問1:あなたの目の前に、以下の二つの選択肢が提示されたものとする。

選択肢A:100万円が無条件で手に入る。
選択肢B:コインを投げ、表が出たら200万円が手に入るが、裏が出たら何も手に入らない。

質問2:あなたは200万円の負債を抱えているものとする。そのとき、同様に以下の二つの選択肢が提示されたものとする。

選択肢A:無条件で負債が100万円減額され、負債総額が100万円となる。
選択肢B:コインを投げ、表が出たら支払いが全額免除されるが、裏が出たら負債総額は変わらない。

質問1は、どちらの選択肢も手に入る金額の期待値は100万円と同額である。にもかかわらず、一般的には、堅実性の高い「選択肢A」を選ぶ人の方が圧倒的に多いとされている。
質問2も両者の期待値は-100万円と同額である。安易に考えれば、質問1で「選択肢A」を選んだ人ならば、質問2でも堅実的な「選択肢A」を選ぶだろうと推測される。しかし、質問1で「選択肢A」を選んだほぼすべての者が、質問2ではギャンブル性の高い「選択肢B」を選ぶことが実証されている。

この一連の結果が意味することは、人間は目の前に利益があると、利益が手に入らないというリスクの回避を優先し、損失を目の前にすると、損失そのものを回避しようとする傾向(損失回避性)があるということである。
質問1の場合は、「50%の確率で何も手に入らない」というリスクを回避し、「100%の確率で確実に100万円を手に入れよう」としていると考えられる。また、質問2の場合は、「100%の確率で確実に100万円を支払う」という損失を回避し、「50%の確率で支払いを免除されよう」としていると考えられる。

これがプロスペクト理論です。
あなたはどのような判断をしますか?
是非投資をする上で知っておいて損は無いですね☆

私はビットコインに投資をしていますが、現在の所投資商品としてみております。
理由はまだ市場ではつかいものにならないから。
しかし、この価値の上がり方は異常ですが。
よく考えてみると基準はないから異常ともいえないのが事実。
ふと先日のビットコインの高騰を見て感じた所見です。

では本日のマイニング配当を報告します。

 

 

本日の配当は

0.00143BTC

こんな感じです。
画像の味方はそのまんまなんですが・・・
上の画面はウォレットは引き出せるビットコイン。
クラブコインは3500ドルのプランで投資してきた時のおまけ。
タダでもらったのよ。
※もうこのおまけは終わりました。
その次がEamings(マイニング)の事です。
今までマイニングした量を示しています。
配当見たいものですがそれだと誤解しやすいので、配当はしたの画面を見た方がいいです。
Paidこれがいいまでビットコインを引き出した配当です。

0.26394BTC

私の方法は元本回収したら後は複利で回しますから、プラスで見積もって

0.4BTC

になりましたら複利100%で回そうと思います。
まあビットクラブは時間の経過が1000日なので長いですがずっと続いていますからビットコイン投資の中では安心してできる投資という訳です。

まあこんな感じでブログで日記をつけていますのでよかったらまた見てくださいね。

「ビットコイン説明動画」

「ビットクラブ説明動画」










-bitclub

Copyright© ビットコイン資産運用 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。